Kubota-Log

原点は、人に喜んでもらいたい♪

いつもありがとうございます!!
自由に楽しく「自分らしい」家づくりを全力で応援をさせていただく、
太田市のデザイン注文住宅会社「かなう家」です♪

暑かったり、
寒かったりで、
出勤時に着る服装を悩む
今日この頃です。

今日の朝は、
会社近辺のゴミほろ拾いから、
スタート♪

以前に比べて、
タバコの吸い殻が減った気がしますが、

まだ、意外に多いのが、
「マスク」

なんでだろう?

そして、
昨日から、
大きな地震と関係があると言われている、
X級の太陽フレアが、連発している情報が、、

太陽フレアとは、
太陽表面での巨大な爆発現象で、
地球の磁場にかなり影響があると言われています。

まぁ、何事もないのに越したことはありませんので、
明日は、11日。

9.11
3.11
っていう例もありますので、、
人が気にしていた方が、そういう災難は、
起こりづらいっていうのがありますので、
知っておくだけでも、起こりづらくなるかもです。

今日は、
ネットの拾い読みからの情報ですが、
以下の人生を歩まれたのは、
誰でしょう?って話♪

生後まもまく孤児院に預けられる
 ↓
3歳のとき、雑貨商を営む夫婦の養子となる
 ↓
養父がギャンブル好きのため生活が不安定、養母は失踪
 ↓
電気や水道を引くこともできず、ろうそくの火で明かりを得る
 ↓
家の家具はリンゴ箱ひとつ
 ↓
雑草を抜いて食べるほどの極貧生活
 ↓
 ↓
 ↓
15歳までは生活保護を受けて暮らす
 ↓
パチンコ店のこぼれ球、競輪場に捨てられた当たり馬券探し、たばこの吸い殻拾いなどをして生計を助ける
 ↓
家賃の支払いもままならず、各地の廃屋を転々
 ↓
 ↓
 ↓
高校生になってからは同級生の父親が経営する豆腐店でアルバイト
 ↓
毎朝5時半の始発に乗り、学費と生活費を稼ぐ
 ↓
1967年、無事に高校を卒業
 ↓
 ↓
 ↓
翌年、新聞広告に出ていた不動産会社に応募し入社
 ↓
同僚女性に一目ぼれし猛アタック
 ↓
あまりの熱烈アプローチに観念したのか「100万円貯めたら結婚してもいい」と言われ
 ↓
半年間、死に物狂いになって働き、見事に貯める
 ↓
結婚!!!
 ↓
 ↓
 ↓
その2年後に独立し、不動産仲介会社を開業
 ↓
 ↓
 ↓
しかし事業が不安定なため、現金収入を得ようと小さな喫茶店を開く
 ↓
オープン初日、開店10分で満席となり、
 ↓
不動産とは違う世界に、強い面白みを感じる
 ↓
 ↓
 ↓
「これは…天職かもしれないっ!!!」
 ↓
 ↓
 ↓
まもなく不動産業から撤退
 ↓
翌年、思い切って2号店をオープン
 ↓
 ↓
 ↓
妻の作るカレーが大人気なため、
 ↓
喫茶店からカレー店への転身を決断
 ↓
1978年、愛知県西春日井郡にカレー専門店を出店
 ↓
 ↓
 ↓
しばらくは自転車操業が続いたが、やがて軌道に乗る
 ↓
4年後には売上が3億円を突破、法人組織へ
 ↓
1998年、ついに全国500店舗を達成!
 ↓
 ↓
 ↓
世界一有名なカレー専門チェーンを作り上げる
 ↓
 ↓
 ↓
2002年、53歳の若さで役員から退任し経営から引退
 ↓
社交的な妻とは対照的に、引退するまで友人を1人も作らず、毎朝3時55分(さあゴーゴー)に起床、1,000通以上の「お客様アンケート」を読み、店舗の掃除を行なうのが日課だった。

「儲けたい、成功したい、という気持ちはありませんでした。ただ人に喜んでもらいたかったんです!」そう話すのが、

株式会社壱番屋『カレーハウスCoCo壱番屋』
創業者 宗次 德二さん!

壮絶な人生ですね~(@_@)

幼少期からは、
まったく想像できない後半の人生。

それが、
「ただ人に喜んでもらいたかった」と。

やはり、
損得勘定よりも、人の喜びに焦点を当てた人には、
神さまや「運」が味方していくのかも知れませんね!

私は、毎日一食、カレーでも生きていける人なので(笑)、
ココイチカレーも、
ふと食べたくなります!!!

今度は、
そんな創業者さんの思いをはせて
食したいと思います。

それでは、
今日も、みなさんが、
「自分らしく」輝きますように!!

感謝!!
アチマリカム!

家づくりの第一歩は無料相談から!

詳細とご予約

窪田 純一

窪田 純一

かなう家の代表取締役 社長 / 絶好調会の理事長 。2人のメンズの父親。人の成長が大好物。50代に入り「ありがとう」を沢山言われるような生き方を目指している。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

窪田 純一

窪田 純一

かなう家の代表取締役 社長 / 絶好調会の理事長 / 予祝講師。2人のメンズの父親。人の成長が大好物。「ありがとうございます」をクセのように言っているが、50代に入り「ありがとう」を沢山言われるような生き方を目指している。

最新の記事

  1. 谷さんから魂のレクチャー♪

  2. こんな小屋欲しい♪

  3. 伊勢崎市完成見学会最終日♪

  4. 伊勢崎市完成見学会2日目♪

  5. 低温乾燥杉材を探してます♪

  6. グリーンライフ兵庫さんへ♪

  7. エナさん誕生祭♪

TOP