Kubota-Log

愛工房の伊藤社長へ逢いに♪

いつもありがとうございます!!
自由に楽しく「自分らしい」家づくりを全力で応援をさせていただく、
太田市のデザイン注文住宅会社「かなう家」です♪

先日、
「奇跡の杉」を生み出す、
木材乾燥装置の開発者の伊藤好則社長へ
お会いできる機会を設けていただき、
訪ねてきました♪

伊藤社長は、
大企業やらさまざまま行政からにも、
いろいろと声がかかっても、
ご自身の信念「命に良いか、悪いか?」を
一番の基準として平気で断ってしまう、
命ファーストで本物の愛の人でした!!

そして、
命とは、人の命、地球の命、木の命です。

通常、住宅に使用する木材は、
乾燥をさせるために、100℃以上の高温で乾燥させるところが多い中、

愛工房さんは、45℃!!!!

高温で乾燥すると、
水分だけではなく、木が生き続けるために大切な養分も
吐き出されることになります。

なんで高温で乾かすかというと、
早く乾燥させたいという人間のエゴ(笑)、
だから、ドンドン温度が上げていったあげくに
100℃を超えてしまっているのが現状。

まったく、木の気持ちなんて考えていない。
もし、人間だったら、スッカスカで廃人になってしまうでしょう。

それが、今の「木材」の大多数。

それを、木の気持ちを最大限に汲んだ伊藤社長の「愛工房」は、
今までの常識を覆す、①木で作った箱型乾燥機で、
②乾燥温度45℃、なのに③スピード乾燥、
そして、動きがない、逆に高温乾燥よりも、硬くなる、
最大の利点は、
木の大切な「酵素」が損なわれないので、生命を保って
住まいの一部となり、
人も木も同様に呼吸して、生き続けている材ってことです!

天然の防虫成分、芳香性分、製油成分は、
もちろん残ったまま、
木が呼吸しているので、
空気を浄化して、
自然の木本来の、保湿効果や調湿効果まで
あるというのだから、
驚き桃の木山椒の木(笑)です。

確かに
伊藤社長の事務所でお話を伺っていると、
呼吸が、とっても深くできている感じで、
まったくというほど、
疲れない♪

こんなにも、
人のカラダに影響を与えるなんて、
そして、無垢材でも、乾燥温度によって
そんなにも、体感的に違うのか!!!
ってのを、目の当たりにして、
これは、もっと勉強しなくちゃいかんな~って
痛感した私でした。

世界で3位の森林国である日本なのに、
世界の3分の1の木の消費量ってことで、
ほぼ、外材の木をつかっている、我が日本。

なんでかな~なんでかな~(古すぎる(笑))

世界の2%の人口の日本が、
世界の40%の薬を消費しているという我が日本。

なんでかな~?

伊藤社長とお話をさせていただいて、
ずっと昔から使われてきた「杉」をもっと見直して、
ひいては、日本の林業(森林)再生まで
考えていきたいと、思いました。

話は大きくなり過ぎましたが、
まずは、
本当に「命」にとっていいものを
いろいろと集めて、
お客さまにも、
命、健康を考えるならば、
こういう商品があります!って
自信をもって話せるようにしていこうと強く思います!

伊藤社長のもっと詳しい話は、こちらに掲載されいますので、ご興味がありましたら、どうぞ♪

それでは、
今日も、みなさんが、
「自分らしく」輝きますように!!

感謝!!
アチマリカム!

家づくりの第一歩は無料相談から!

詳細とご予約

窪田 純一

窪田 純一

かなう家の代表取締役 社長 / 絶好調会の理事長 。2人のメンズの父親。人の成長が大好物。50代に入り「ありがとう」を沢山言われるような生き方を目指している。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

窪田 純一

窪田 純一

かなう家の代表取締役 社長 / 絶好調会の理事長 / 予祝講師。2人のメンズの父親。人の成長が大好物。「ありがとうございます」をクセのように言っているが、50代に入り「ありがとう」を沢山言われるような生き方を目指している。

最新の記事

  1. 平屋の見学会初日です♪

  2. 注文住宅へのこだわり!太田市で理想の家を実現するためのポイント♪(最終章)

  3. 今週末は、平屋の完成見学会です♪

  4. 注文住宅へのこだわり!太田市で理想の家を実現するためのポイント♪(パート3)

  5. 海の日となるべく食べない方がいい食品♪

  6. 日日是好日♪

  7. 来週は、平屋住宅の2棟同時完成見学会です♪

TOP