KUBOTA-LOG

ノミのサーカスの話♪

いつもありがとうございます!!
「あなたらしさ」を最大限に活かす太田市のデザイン住宅会社「かなう家」です♪

今日から、
お彼岸です。
ご先祖さんあっての「自分」ですからね~、
気持ちだけでも、いつもご先祖さまに感謝した方がいいですよね~!!

大泉町の現場では、
基礎工事が始まっています♪

しばらくお天気も良さそうですので、
順調に工事が進みそうです!!

最近、完成見学会ないですか~?
って、お話をいただきます。

予定していた見学会もございましたが、
ご時世の「新コロナウィルス」さんが下火になってから
頃合いで、完成見学会を復活いたします。

個別相談での、
建物見学は、お話いただければと思いますので
気軽にお話いただければと思います。

今日は、
ノミのサーカス」のお話を!!

知っている人もいるでしょうけど、
聞いてくださいね!

こんなお話です。

ノミというのは
虫の蚤(ノミ)のことです。

むかしフランスでは
ノミを踊らせたり
いろんな芸をさせて…

お客さまを楽しませる
出しものが
あったそうです。

小さすぎて見えるのでしょうか?(笑)

ノミという虫は
実はすごい能力を
持っていて…

訓練しだいでは、
どこまででも高く
ジャンプできるのそうです。

ところが、
ノミをビーカーに入れて、
天井を板で
ふさいでしまうと…

ノミは高く
ジャンプしようとすると
天井にぶつかって、
痛い思いをしますよね。

そうなると…

ノミは高く
ジャンプするのを
あきらめてしまい…

地面から
ほんの少しだけ
飛び上がるだけに
なってしまうのだそうです。

たとえ
天井をふさいでいる板を
はずしたとしても…

「あきらめたノミ」は
もう二度と、
高く飛ぶのを
やめてしまうそうです。

このお話、
私たちにも当てはまります。

子供の頃から、
お前には出来っこない、や

私なんかには、
出来るはずはない、

と、自分や親、他人から

自分の可能性を
ノミがふたをされてしまったように
押さえつけているのかも知れません。

う~~~ん、
象のこの手の話も聞いたことがあります。

「可能性は、無限大」なのに、
蓋をしてしまっている人が、多いですよね。

「私なんか、、」
「お前が出来るわけない」

って言葉で。

それに、「無難」を選ぶ傾向です。

難が無い。

「ありがとう」は、有難う 
難が有る。

何か、行動を起こせば、「難」も出てくる。

でも、
「無難」よりも「有難う」を選択した方で、
成長出来そうですよね!!

感謝!!

開催中のイベント

毎週土曜、日曜、祝日、月曜日に開催!
家づくりを成功する人の87%が相談会に参加しています。

この記事を書いた人

株式会社 かなう家社長窪田 純一
かなう家の代表取締役 社長。絶好調会の理事長。2児の父。日本でいちばん「ありがとうございます」を言う経営者を目指している。現在、書籍の出版に向けてワクワク執筆中。日本全国の美味しい蕎麦を食べ歩くのが目標。
Follow :

COMMENTS

*
*
* (公開されません)

Comment on facebook