社長のブログ

現場リポート♪ともし、〇〇さんだったら?

いつもありがとうございます!!
「あなたらしさ」を最大限に活かした太田市のデザイン住宅会社「かなう家」です♪

大泉の現場では、
外壁工事が終ろうとしています!!

地域化グリーン化事業の「認定低炭素」住宅の補助金を使った
「住まう人が心豊かで、笑顔で幸せになる平屋」です!!

2019年2月2日(土)3日(日)で完全予約制の完成見学会を
行わせていただく予定ですので、来年になりましたら正式に告知をさせていただきます!

お楽しみに~♪

情報起業家の菅野一勢さんの話で、「矢沢永吉」さんのお話。

地方のコンサートのこと。

スタッフの手違いでスイートルームが用意できていなかったんですね。

いつもスイートルームに泊まってるんですけど。

そんな時にスタッフとのやりとりでこんなものがあったんですよ。

「すみません!スイートルームのはずが手違いでツインルームになってしまいました」って言った時に矢沢が言った一言がカッコよくて

「部屋がないわけじゃないから俺はいいけど…でも、YAZAWAだったらなんて言うかなぁ…」という一言を言ったんですよ。

矢沢永吉ってすごくて、35~6億円の借金を人から騙されて負債を負って、こんなの返せないって呆然と最初は諦めてたんですけれども、ある時に考え方を変えたんですね。

「あ、これは映画で、俺は映画の主人公なんだ。YAZAWAっていう人間はビッグな主人公だから映画としてYAZAWAという役割を演じよう」ってなったらスイッチが入って

「YAZAWAだったらこんなの楽勝でしょ」って自分でイメージして、たった6年でその36億円くらいを返したんですよね。

それで常に矢沢さんって、自分じゃなくてYAZAWAだったらどうするかな?って仮想のビッグスターを置いて、自分がビッグスターを演じているっていうイメージで生きているんですよね。

だから打ち合わせとかしても「僕はこう思います!」じゃないんですよ。

「YAZAWAはこう思います」って言うんですよ。

「YAZAWAはこう思ってますけれど…」って言うんですよね。

私も、これ、大事だと思います。

セルフイメージを上げるか、下げるか?

西郷どんなら、なんて言うか?(笑)

自分が理想としている人を思い浮かべて、
いろいろ決めていくのも、面白いかも知れませんね!

新しい試みやってます、
太陽光が実質0円で、
ZEH住宅の規格住宅の「福禄寿」は、こちらをポチッっと♪

「福禄寿」の想いは、こちらを♪

感謝!!

完成見学会のお知らせ


詳細とお申込み

窪田 純一

窪田 純一

かなう家の代表取締役 社長 / 絶好調会の理事長 / 予祝講師。2人のメンズの父親。人の成長が大好物。「ありがとうございます」をクセのように言っているが、50代に入り「ありがとう」を沢山言われるような生き方を目指している。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

窪田 純一

窪田 純一

かなう家の代表取締役 社長 / 絶好調会の理事長 / 予祝講師。2人のメンズの父親。人の成長が大好物。「ありがとうございます」をクセのように言っているが、50代に入り「ありがとう」を沢山言われるような生き方を目指している。

最新の記事

  1. 寒暖差に注意です♬

  2. LCCM住宅も視野に入れようか!♬

  3. 気持ちいい秋晴れですね~♬

  4. 『道』♬

  5. 久しぶりにロポンさん、そして中高年の聖地へ♬

  6. 招き猫の日らしい♬

  7. てんびん座の新月です♬

TOP