社長のブログ

今流行のブルックリンスタイル、インダストリアルなテイストを考える。

いつもありがとうございます!
夢と希望を叶える注文デザイン住宅の「かなう家」です。

最近、流行りなのか、
ブルックリンスタイルやインダストリアルスタイルという用語が
お客さまから出ます!!

今日は、そのブルックリンスタイル・インダストリアルスタイルを考えます。

ブルックリンスタイルは、

ブルックリンスタイル

こちらの「ブルックリンスタイルのインテリア」に寄りますと、

ブルックリンはNY州5区の一つで、マンハッタン地区とはイーストリバーを挟んで反対側。ラグジュアリーなマンハッタンとは対照的に倉庫や古いアパートが立ち並ぶ街がブルックリン地区です。
流行最先端の街でありながら、古いものを生かして楽しむというインテリアの考え方があるようです。

そして、ブルックリンスタイルといえば、なんと言ってもレンガ!!

ブラックやダークカラー、スモーキーカラーなど明度の低いアイテムを取り入れたスタイルが特徴です。色味をプラスする場合は明度を抑えたカラーで合わせるとまとまりが出ます。

そして、インダストリアルスタイルは、

こちらの「インダストリアルインテリアの重要なポイント」から抜粋しますと、

インダストリアルが「工業の~」という意味である通り、工業チックなイメージを想像すればいいといえばわかりやすいでしょうか。無骨ともいえるシンプルさとどこか懐かしい機械的な古めかしさがインダストリアルインテリアのポイントです。

う~ん、
微妙にブルックリンとインダストリアルの違いが、、(笑)

キーワードとして、
ヴィンテージ・レンガ・古木・鉄・レザーのアイテムを自分好みに組み合わせるスタイルなのかも知れませんね♪

玄関収納

「あなたらしさ」を最大限生かして、
魂が喜ぶようなお家に住みましょう!!

完成見学会のお知らせ


詳細とお申込み

窪田 純一

窪田 純一

かなう家の代表取締役 社長 / 絶好調会の理事長 / 予祝講師。2人のメンズの父親。人の成長が大好物。「ありがとうございます」をクセのように言っているが、50代に入り「ありがとう」を沢山言われるような生き方を目指している。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

窪田 純一

窪田 純一

かなう家の代表取締役 社長 / 絶好調会の理事長 / 予祝講師。2人のメンズの父親。人の成長が大好物。「ありがとうございます」をクセのように言っているが、50代に入り「ありがとう」を沢山言われるような生き方を目指している。

最新の記事

  1. 寒暖差に注意です♬

  2. LCCM住宅も視野に入れようか!♬

  3. 気持ちいい秋晴れですね~♬

  4. 『道』♬

  5. 久しぶりにロポンさん、そして中高年の聖地へ♬

  6. 招き猫の日らしい♬

  7. てんびん座の新月です♬

TOP