社長のブログ

さぁ、アフターに出向いた大工さん、どう見えますか~(笑)

いつもありがとうございます!
夢と希望を叶える注文デザイン住宅の「かなう家」です。

この写真、見る人によって
多分、違ってみえます。(笑)

渡辺さん

転んじゃってるんじゃない?

下から作業、これから始めるんじゃない?

いや、腹筋してるんじゃない?(笑)

いや、犯人から隠れて、狙撃しようとしてるんじゃない? 等々^^

これと同じように、モノの見方って、人によって違ってきますよね。

そんな例え話が載ってましたので、下記に載せますね!

_______

町にある市場でロバを売るため、親子とロバが田舎道を歩いていた。

すると、道ばたで井戸水を汲んでいた女の子たちがそれを見て言った。

「なんて馬鹿な人たちでしょう。どっちか一人がロバに乗ればいいのにさあ。二人ともほこりをかぶってとぼとぼ歩いているのに、ロバはあんなに気楽に歩いているわ」。

親父さんはその通りだと思い、息子をロバの背中に乗せた。

しばらく行くと、老人たちがたき火をしているところに来た。

老人の一人がこう言った。

「今時の若い者は年寄りを大切にしない。ごらんよ、年をとった親父さんが疲れた様子で歩いているのに、あの子はロバに乗って平気な様子じゃないか」。

親父さんはこれを聞いて「それもそうだな」と思った。

そして、息子を下ろして、自分がロバに乗った。

しばらく行くと、子どもを抱いた三人の女たちに会った。

一人の女がこう言った。

「まったく恥ずかしいことだよ。子どもがあんなに疲れた様子なのに、どうして歩かせておけるんだよ。自分は王様みたいにロバに乗ってさ」。

そこで親父さんは、息子を鞍の上に引き上げて自分の前に乗せた。

しばらく行くと、数人の若者たちに出くわした。

一人の若者がこう言った。

「君たちはどうかしているんじゃないか。その小さなロバに二人が乗るなんていうのは無慈悲だよ。動物虐待だと言われても仕方がない」。

その通りだと思った二人は、ロバから下りた。

そして、親父さんは言った。

「こうなったら、二人でロバを担いでいくしかない」

二人はロバの後足と前足をそれぞれ綱で縛って、道ばたにあった丈夫そうな棒をその間に通した。

子どもが棒の片方を、親父さんが棒のもう片方を持って、えんやえんやと担いで歩いていった。

町の人たちはこの様子を見て、手をたたいて笑った。

_______

座右の寓話

戸田智弘 著

ディスカヴァー

_______

モノの見方で、
その人、その人の立場で、物事を考え、話します。

誰の意見が、正しいのか?
すべてを鵜呑みにしちゃうと、何がなんだか分からなくなっちゃいますね。(笑)

でも、そんな意見も、すべて自分の意志で判断することができます。

なるべく自分が楽しいと思える判断をしていくのが、正しいを追うより、いいかもですね!

例え写真に使っちゃった、渡辺大工さん、すみません。。

完成見学会のお知らせ


詳細とお申込み

窪田 純一

窪田 純一

かなう家の代表取締役 社長 / 絶好調会の理事長 / 予祝講師。2人のメンズの父親。人の成長が大好物。「ありがとうございます」をクセのように言っているが、50代に入り「ありがとう」を沢山言われるような生き方を目指している。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

窪田 純一

窪田 純一

かなう家の代表取締役 社長 / 絶好調会の理事長 / 予祝講師。2人のメンズの父親。人の成長が大好物。「ありがとうございます」をクセのように言っているが、50代に入り「ありがとう」を沢山言われるような生き方を目指している。

最新の記事

  1. 寒暖差に注意です♬

  2. LCCM住宅も視野に入れようか!♬

  3. 気持ちいい秋晴れですね~♬

  4. 『道』♬

  5. 久しぶりにロポンさん、そして中高年の聖地へ♬

  6. 招き猫の日らしい♬

  7. てんびん座の新月です♬

TOP