Kubota-Log

ある大工さんの話。

かなりお得で楽しいお知らせを配信! 《スマホでご覧の方はタップすると登録画面にとびます》

いつもありがとうございます。
群馬県太田市の注文デザイン住宅のかなう家です♪

昨日は、バドミントンの
ヨネックスオープンジャンパン2017を観戦して参りました!
やはり世界レベルは、凄い!!

日本もレベルが上がってきていますので、東京オリンピックが楽しみですね!

大工さんの話ですが、
かなう家の大工さんでは、ありません。
例え話です。

「ある大工の話」
___
「読むだけで 運がよくなる77の方法」リチャード・カールソン 著 浅見帆帆子 訳 王様文庫より

引退しようとしているある高齢の大工の話を紹介しよう。

この話が私は好きだ。

とても大切なことを語っているからだ。

その大工は、もうそろそろ家を建てる仕事をやめて、妻と一緒にのんびり暮らそうと思った。

雇い主は、個人的な願いとして「もう一軒だけ建ててくれないか」と頼んだ。

大工は承知したが、真剣に仕事をする気はなかった。

粗悪な材料を使い、手を抜いた。

キャリアを積んだ優秀な職人の幕引きにしては、残念な仕事だった。

家は完成した。

点検にやって来た雇い主は、玄関のカギを大工に渡していった。

「この家はあなたの家です。

私からのプレゼントです」

大工は、大ショックを受けた。

ひどく恥ずかしかった。

自分の家を建てているとわかっていたら…たぶんもっと頑張っただろう。

私たちもこの大工と同じだ。

毎日毎日、人生という家を建てている。

だが、建てていることに全力を尽くしていないことが多い。

そしてずっと後になって、自分がつくりあげた人生(建てた家)に一生住みつづけなくてはならないことを知ってショックを受ける。

もう一度、やり直すことができたら、まったくちがうことをするだろう。

だが、その時はもう、後戻りはできないのだ。

あなたに後悔してほしくない。

あなたも私も、大工のことを笑えない。

私たちは人生という一生住みつづける家をつくっているが、果たして最善を尽くしているか…

「ベストを尽くせ」という言葉は耳にタコができるほど聞かされた言葉かもしれない。

それから「あと、ひと頑張りだ」という言葉も。

でも、もう一度いおう。

いま、取り組んでいることに全力を尽くすと、思いがけないところから幸運がもたらされることが多い。

もうダメだとか、おしまいだとか思っても、もうひと頑張りすることが何より大切である。

それをどうか忘れないでほしい。

あと、ひと頑張りだ!

もう一歩だ!

ここまで。

う~ん、深い。

完成見学会を開催します!

事前にご予約をいただけますと、当日ゆっくりご覧になれます。

オフィスに来店して相談する

毎週土曜、日曜、祝日、月曜日に開催!
家づくりが成功した人の87%が相談会に参加しています。
オンラインで家が作れる!

オンラインで家が作れる!

遠方でオフィスや見学会に来られない、多忙で移動時間を節約したい・・
それでも前向きに家作り計画を進めていきたい・・!

そんな皆様のために、デザイン注文住宅かうな家では、オンラインによって資金計画や建物のプランを作成・・そして土地のご紹介や、融資相談など、ふつうの面談と変わらないサービスを提供しています!

社会情勢の先行きが不安な今こそ、資産となる家を作りたい人、都心からの移住を考えている人、自然と温泉が豊かで、地震にも強い群馬県にセカンドハウスを持ちたい人、ぜひお気軽にお申し込みください。

あなたも家づくりを通して新しい人生をデザインしませんか?

この記事を書いた人

株式会社 かなう家社長窪田 純一
かなう家の代表取締役 社長。絶好調会の理事長。2児の父。日本でいちばん「ありがとうございます」を言う経営者を目指している。現在、書籍の出版に向けてワクワク執筆中。日本全国の美味しい蕎麦を食べ歩くのが目標。
Follow :

COMMENTS

*
*
* (公開されません)

Comment on facebook