社長のブログ

相手の要求を相手の立場に立って判断し、相手の目を通して世界を見る。

いつもありがとうございます。
夢と希望を叶える「かなう家」です。

『相手の要求を相手の立場に立って判断し、相手の目を通して世界を見る』

これって、出来ている気がして
出来るってすごいことだと思います。

「相手の為に」というのは自分目線で相手に喜んでもらおうとすることで、

「相手だったら」というのは、
相手の立場に立って相手の目を通して感じ取り、相手に喜んでもらうことです。

似ているようで、結構違いますね~。

「相手だったら」
「〇〇さまだったら」
と、お客さまの喜ぶことを想像して
素敵なお家づくりを携わっていきます。

 

完成見学会のお知らせ

詳細とご予約

窪田 純一

窪田 純一

かなう家の代表取締役 社長 / 絶好調会の理事長 / 予祝講師。2人のメンズの父親。人の成長が大好物。「ありがとうございます」をクセのように言っているが、50代に入り「ありがとう」を沢山言われるような生き方を目指している。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

窪田 純一

窪田 純一

かなう家の代表取締役 社長 / 絶好調会の理事長 / 予祝講師。2人のメンズの父親。人の成長が大好物。「ありがとうございます」をクセのように言っているが、50代に入り「ありがとう」を沢山言われるような生き方を目指している。

最新の記事

  1. かなう家初、規格住宅『小洒落KOJARE』スタートします♬

  2. アートになるインテリアご紹介します♪

  3. 幸せ満点の地鎮祭♬

  4. 1%で、いいから、♬

  5. 「好き」がたくさん詰まったシンプルナチュラルなお家♬の完成見学会のご案内です!

  6. 穏やかな秋晴れの中のお引渡し♬

  7. 大切な決断以外、エネルギーを使わない♬

TOP