笑顔あふれる注文デザイン住宅「かなう家」@群馬県太田市

家づくりで「 叶えます 」あなたの夢とライフスタイル

KUBOTA-LOG

日本人とはこうだ 「かなう家」

s_pixta_6998860_xl

いつもありがとうございます。

最近は、お客さまや業者さんとの挨拶が、

「寒くなりましたね~」に変わってきました。^^

 

日本人とは、こうだ!と

あの北野武さんが、話したそうです。

以下

ある本のインタビューで、北野 武さんはこう語っています。

 

「いまたけしさんが、“日本人とはこうだ!”というなら、それはどんな言葉になりますか?」

 

北野 「うーん・・・外国人との付き合い方でいえば、もう徹底的な“義理人情”ですよ。

 

イタリアで最初にサインを頼んでくれた人の顔は、ずっと覚えてます。

 

彼はたまに日本に遊びに来ますが、こちらでは全部面倒をみますから。

 

評論家でも、最初にヨーロッパでおいらの映画を紹介してくれたのはトニー・レインズというイギリス人ですが、彼が日本に来たときにはすぐに飛んでいく。

 

『タケシ、忙しいのにたいへんだね』といわれて、『いや、俺は日本人で、義理はちゃんとわかっているから』というと、とても喜んでくれます」

 

「それはとてもいい話ですね。大物になると、それまで世話になった人への恩を忘れる人もいますから」

 

北野 「義理人情というと任侠道みたいだけど、世話になった人に恩や忠義を感じる気持ちは、本来、日本人がいちばん強く持っているものですからね」

 

大物ほど、義理人情や恩返しというものを徹底しているように思います。

 

普段、一見すると破天荒な社長さんも、実は人情味があったり人を大切にしていたりします。

 

お金があってもいばらない。技術があっても鼻にかけない。有名になってもお世話になった人を忘れない。

以上

この話は、メルマガ「魂が震える話」で紹介されていました。

 

メルマガは下記のアドレスから登録できます。

 

https://rush1000.com/form_if.cgi?id=tamafuru&u=b3e85b6bfbecfaef

 

今の日本、義理人情が薄れていっているような気がしますが、

だからこそ大事なのかも知れませんね。

Comment on facebook